So-net無料ブログ作成

『ASKA CONCERT TOUR 10 >> 11 FACES』(浜松) [舞台]

101114-1媒体.jpg
これに参加するために、昨日浜松まで行ってきました

開場は16:30ですが、その前に、会場限定のグッズを買うために、
グッズ前売り時間(14:30)に合わせて、出かけることにしました

まずは、駅へ行って、昼食です
101114-2昼食.jpg
定番のフィローネと、アメリカーノと、ちょっと贅沢に、コーヒージェリーです

それから、電車に揺られて、約一時間
14:00前に会場に着いたら、列が出来ていたので、並んでいました
私の前にいる女性3人組は(関東組1名と、関西組2名)、
結構いろいろな会場に行っているようで、すごいなぁ~と感心しておりました

時間が着て、目的の物が買えたので、エキナカをブラブラすることに
でも、まずは、腹ごしらえ!
だって、17:30から、ライブが2時間半、帰るのに早くても1時間ですから、
何か食べておかなきゃ
それに、ちょっと座りたかったし
・・・でも、やっぱり、日曜日の午後、混んでいました
何とか、ミスドでこれを食べました
101114-3夕食.jpg
汁そばと、肉まんのセットです
初めて食べました
特に汁そば、あっさりしていて、美味しかったです

さて、ライブの内容は、秘密
でも、やっぱり、歌が上手いなぁ
客層は、女性が多いけど、見た限りでは、
小学生の男の子、50代以上の夫婦、男性も結構いました
同性に好かれる人って、素敵だと思いますよね

では、ここで、お買い上げの物を公表しましょうか
101114-4グッズ.jpg
上は、スチール缶に入ったこんぺい糖
下は、会場限定の、日付入りのピックセットです




おまけ
駅を出たら、こんなものが・・・
101114-5おまけのウナギイヌ.jpg
ウナギイヌです


今回、投稿記事が100になりました
約2年、少ないね

『眠れる森の美女』(東京) [舞台]

さて、今日はバレエ観賞です
100529-1ポスター.jpg
Kバレエカンパニーの『眠れる森の美女』でございます
この話、16歳になったら王女が、
呪いのため100年の眠りにつくが、
王子によって解かれ、めでたし、めでたしという話です
目覚めた王女の年齢は116歳だよね?・・・とか、いろんな突っ込みは置いておいて

毎度のように、スタバで一服してから、
またコーヒーを買って、新幹線に乗り込みます
今日は土曜日、混んでいそうなので、
確実に座れそうな「こだま」に乗ることにしました
何だか、ダルイし、眠いし・・・で、この選択は正解でした

席は1階5列目の中央より
この列から段差があるので、視界良好、良い位置です

王子役は、もちろん熊ちゃんこと熊川哲也氏
王女役は、荒井祐子さん
彼女の踊りの特徴としては、キレがあって、ポーズが決まります
また顔が小さいから、バランスが良いんですよね
それから、呪いをかけた魔女は、スチュアート・キャシディ氏
カッコイイ男性です!
でも、今回は完全に美女でした

さて、今回のお買い上げ
100529-2プログラム、CD.jpg
プログラムとCD

100529-4写真集ポスター.jpg
それに、写真集の先行予約

100529-3細い傘.jpg
会場の売店で売っていた細い傘

100529-5お買い上げ.jpg
土産で、2個入りの「ひよこ」
スタバでコーヒーと飴

何しに行ったのでしょうか?

今日で、スケジュール表が、真っ白になりました
とりあえず、何も予定が無いのは、本当に久しぶりです

明日は仕事
しかも、女性は一人
ちょっと憂鬱だな

『2人の夫とわたしの事情』(東京) [舞台]

昨日観てきたのは、これです
100513-1ポスター.jpg
『2人の夫とわたしの事情』です

この間、同じ建物(Bunkamura)に行ったばかりだというのにね(前回は3階、今回は1階)

今回の席は、最前列の、ど真ん中!
この位置って、ライブなら大歓迎なのですが、
舞台だと、全体が見渡せないこともあり、不安でした
でも、あまり奥を使わないセットでしたので、
視界を遮る物もなく、細かい所も良く見ることが出来ました

内容は、“戦死した夫”の親友と再婚した主人公のもとに、
その死んだはずの夫が帰ってきた・・・という話です

ヴィクトリア役の、松たか子さん、もう、可愛すぎます
ちょっと間違えたら、嫌な女性にしかならないのに、何だか憎めない人になりました
こんな性格なら、一生幸せでいられるでしょうね
こんな感じの人、身近にいる気がします
ついでに、彼女の夫にはなりたくありませんね~

それから、夫役の、段田安則さん、渡辺徹さん、何気ない仕草が可笑しいです
十分楽しませて貰い、久しぶりに、スッキリしました

で、今回のお買物
100513-2パンフ.jpg
まずは、パンフレット

100513-3双眼鏡.jpg
あと、7~21倍の双眼鏡
ずいぶん前に買った物があるのですが、
重たいし、ちょっと大きいので、探していたのです
前回来たときに見つけ、考えた末の購入です
あ、さすがに、昨日は使いませんからね

『ザ・カブキ』(東京) [舞台]

4月25日に、東京の渋谷に、
東京バレエ団の『ザ・カブキ』を観てきました
100425-1パンフ.jpg
歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」を題材にし、故モーリス・ベジャール氏が
東京バレエ団のために振付けたオリジナル作品です

海外公演は良くやっているそうなのですが、
バレエと歌舞伎の融合、それも、外国人が振り付けると、どうなるのか
ちょっと興味があった作品です

内容としては、現代の若者が、タイムスリップして、
江戸時代に行って四十七士の先頭を切る・・・という話

多少、忠臣蔵の知識はありましたが、
ガイドブックを買って、話の流れを頭に入れておきました
そうでもしないと、台詞がないバレエは、ついていけません

全体を観ての感想は、
「やっぱり、時代劇を観た方が、日本人には判りやすいかな」です
・・・というのか、わざわざバレエでやらなくても良いじゃんって気持ちです
外国人の観客が割といたので、それはそれで、良いのですが、
日本人なら、芝居の方が、更に判ると思うのです
まぁ、毎年と言って良いくらい、年末には見ることが出来るでしょうしね

でも、最後の、47人での踊りは、迫力がありましたよ
・・・って、隣の客が、「47人で最後終わるんだよ」と言っていたのです
途中は、踊りの関係で、30名くらいになっているようでしたが、
人数が多くて、確認できません
最後の場面は、別の写真で47名と確認、とても綺麗な構図でした

・・・ということで、
お買い上げその1
100425-2プログラム.jpg
プログラムです
右が英語で書かれていて、読めませんでした
でも、ミニ知識が書いてあったのが良かったです

あと、お土産でこれ
100425-3和ラスク.jpg
和ラスクです
画像が切れてる~

『薔薇とサムライ』(東京) [舞台]

「『薔薇』って、漢字で書ける?」なんて言うのは置いておいて

昨日は、これです
100401-1広告.jpg
東京は赤坂に、
新感線☆RXの、「薔薇とサムライ」を観てきました
今回の目的は、ユリちゃんこと、天海祐希さん

実は、宝塚時代からのファンなんですよ
それに、劇団☆新感線も、慣れれば面白いです

内容は詳しくは書きませんが、
古田新太さんの石川五右衛門、とってもかっこいいです
あの恰好は、彼にしか着こなせません

ユリちゃんは、もう、たまらなくかっこいい!!

浦井健治さん、ちょうど見た回が、「舞台1000公演目」だったそうです
これからも、王子様のような人でいてください

山田太郎さん、まじめに可笑しいです、なんででしょう?

高田聖子さん、過激です、ぶっ飛んでいます

神田沙也加さん、お姫様役がハマっています
歌声も可愛い
でも、いつまでその路線で行けるのか、ちょっと心配です

冠徹弥さん、あのハイトーンボイスは何処から出て来るのでしょうか?

そのほかにも、素敵な人ばかりで、とっても良かったです
面白かったよ~

そして、「GoemonRock」となっているので、
生のロックバンドが演奏している中、コスチュームプレイが行われています
・・・で、なんだか、ユリちゃん、
「ベルサイユのばら」のオスカル様のような状態でした
いや~、参りました、こういう展開になるとは・・・

キップの良さでは定評のあるユリ姐さん
江戸調の舞台では、際立って光を放ちます
やっぱり、彼女は”舞台人”ですよ
でも、歌が相変わらずだな・・・

で、本日のお買いもの
パンフレット(これは、裏表紙です)
100401-2パンフ裏.jpg
ね、オスカル様でしょ?
100401-3ユリちゃん.jpg
舞台では、衣装は違っていましたけどね

100401-4お買い上げ.jpg
あと、東京駅で、なぜか買ってしまった、無印商品あれこれ

2/28の出来事 [舞台]

大分怠けておりました

今回は、趣向を変えて、画像のみでお届けします

100228-1ステタン.jpg

100228-2桜.jpg

100228-3ネックレス.jpg

100228-4シュシュ.jpg

100228-5パンフ.jpg

これで、判る人いるかしら?

『ASKA 10DAYS SPECIAL』(東京) [舞台]

昨日は、これに参加してきました
100213-1掲示板.jpg
実は、この掲示板の下に、こんなものが・・・
100213-2展示物?.jpg

今回は、初めての場所なので、念入りに下調べしましたよ
それに、本日は天気が雨か雪、気温も低いようなので、こちらも準備
さて、着替えようとカーディガンを出したら、
背中に穴が!急いで替えの服を探すはめに・・・

新宿に着いたら、雪のような、雨のような、
降っているような、いないような
でも、寒い!!

今回も限定グッズを買うために並んだのですが、
とりあえず、屋根のある場所、かつ、近くにトイレがあった!
寒いときは助かりました

前回のクリスマスライブのようなトラブルは全く無く、
このままうまくいくのかと思ったら、
開場に15分、開演には、さらに5分遅れました
う~む

席は一階14列ほぼ中央
角度的に、マイクが邪魔にならない位置で、全身拝めました
ただ、床に傾斜が有り、しばらく立っていると、足の前方が疲れてきました
後、歌詞は判るのに、曲名がすぐに出て来ない!
1曲だけ、全く出てきませんでした(後で判りましたが)
頭が働いていないようです

帰りの新幹線は、ちょうど良い便が無く、1時間後の便に乗るはめに
でも、当日中に帰れたから、良しとしよう
これで、しばらくは「充電完了!!」のはず

・・・と思ったら、
眠ってから2時間後、ひざ下のだるさで目が覚めた・・・
そのため、ひざ下だけ布団から出して、また寝た
またまた2時間後、今度は前太ももの痛みで目が覚めた・・・
早くも筋肉痛でしょうか???
充電はバッチリなのに、本体(身体)が、ボロボロのようですわ

今回のお買い上げ
パンフと、キーホルダー、限定のピックセット
100213-3パンフ.jpg
100213-4グッズ2点.jpg
100213-5ピック拡大.jpg

それと・・・
100213-6しょうが紅茶.jpg
なぜか、行きがけに買ってしまった紅茶でした

『ラ・シルフィード』(東京) [舞台]

昨日、バレエを観に、東京へ行って来ました

新幹線では、二人掛けに座ったのですが、隣の三人掛けを見てビックリ
「アラ還」位の女性が横になって寝ていました
確かに、席は空いているし、問題は無いけど、そこまでするか?
「自己中」が増えてきたと実感しました

今回観てきたのは、東京バレエ団の「ラ・シルフィード」です(Κバレエ以外も観るのよ)
目的は、本日の主役、上野水香さん
長身で、手足が長く、柔軟性にも優れている方です
すらっとした体型なので、はかなげな役も、ダイナミックな役も似合います
それに、背の高い外国の男性ダンサーともバランスがとれますね

ストーリーは、結婚を控えた男性と、女性(空気の精?)が恋に落ちますが、
最後には女性は死に、
男性は、婚約者が、友人と結婚式の行進をしているのを見て気を失います

舞台はスコットランド、男性の衣裳がキルトなのです
(キャンディ・キャンディを知っている人は解りますね)←歳が判る?
女性の衣装も、とっても可愛いです
ストーリーとしては単純ですが、バレエは「発表会」な訳で踊りが多くて、話が進みません
でも、今回は、アンコールが短くて、楽でした

そうそう、森英恵さんが観に来ていらっしゃいました

帰りは、毎度のことながら、新幹線(今回はひかり)で、軽い乗り物酔い
疲れているんだなぁ

ところで、静岡には、新幹線の待合室にスタバがあるのですが、
そこで新年限定のグッズが売っていました(売れ残りですね)
今売り出しているバレンタイン用は、可愛すぎて、手が出ません
で、この2点を購入
タンブラーと、おこしです
100119-1スタバ.jpg

お買物欲が刺激されたのか、ついでに、東京駅のグランスタにて、「飲む酢」を購入
左から、ピーチ&オレンジ、エキスプレ酢、いちご、さくら
100119-2エキスプレス.jpg

やっぱり、これを忘れてはいけませんね、パンフレットです
100119-3パンフ.jpg

『昭和が見ていたクリスマス』(東京) [舞台]

『ASKA THE MELODY YOU HEARD THAT NIGHT 昭和が見ていたクリスマス』に行ってきました。

場所は、東京国際フォーラム ホールA
・・・ってことは、JR東京駅からほど近い場所です。

今回は4公演のみのライブです。
ファンクラブでチケットを取ったので、このようなものが届きました。
091218-1チケット.jpg

会場入りする時に、バーコードを読み取って、席が判るようになっています。
で、読み取って、出てきたレシートのチケットがこれ。
091218-2チケット.jpg
そうです。
今回は2階。
ステージ上の人たちは、「爪楊枝サイズ」でした。
最近は、双眼鏡などを持たずに参加していたので、
持ってきた方が良かったなと思いました。

で、お買い上げその1。
恒例の限定ピックです。
091218-3お買い上げ.jpg

お買い上げその2。
クリスマスには欠かせないものです。
091218-4お買い上げ.jpg

『Chageの細道2009』 [舞台]

とうとう、この日がやって来ました。
大文字さんの相方、Cさんのライブ。
昨日、行って参りました。

あれは、3か月前の8月11日の早朝。
静岡に震度5強の地震が起こりました。
そのため、会場の設備が使えなくなり、
16日の日曜日に行われる予定だった公演が中止になりました。
その後、11月13日に振替公演が行われることが決まり、行ってきたわけです。

天気予報では、午後からは雨でした。
だから、そのつもりでいたのですが、降りそうで降らない。
まぁ、その方が、こちらも都合が良いので、ラッキ~。

ライブの構成は、とてもシンプル。
Cさんと、バックに3人。
パーカッションと、ギター、チェロと、Cさんのギター。
曲のアレンジも、シンプル。
ずっと座って聴いていく、大人のライブです。

振替公演になったのを気にしていたようで、
「11月13日、金曜日と書いて、8月16日、日曜日と読む。」と、
何度も繰り返しておりました。

「大人のライブだな・・・」と思いきや、それではすまない、Cさんです。
おしゃべりでは、もう、お腹の底から、笑わせてくれます。
1回目のおしゃべりは、「バックバンドに、その公演にあった名前を付ける」ということで、
ブログで公募してあった中から、いくつか紹介してくれました。
その紹介の仕方も、凝っていて、
そのための効果音まで用意されていました。
2回目のおしゃべりは、「世界がChageを呼んでいる」と題し、
空耳で、「Chage」と聞こえる曲の一部を紹介してくれました。
これが、本当に、そう聞こえるから不思議。
もう、大笑い。

アンコールも、ちょっと変わっていておもしろかったです。
十分楽しめました。

会場から出てきたら、ポツポツ雨が降ってきました。
さすが、「晴れ男」のCさんです。

さて、今回も、パンフのみ。
でも、花の種つきです。
091114パンフ.jpg

本当は、会場限定のグッズを買おうとしたら、あと少しの所で売り切れちゃいました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。